PROLOGUE

<師弟の会話>

 

「先生、いよいよ明日出航ですが私には未だに本当に今回の布哇(ハワイ)移民送り出しが正しい決断なのか判断できかねる部分があるんです…」

 

「おや、不安になってきたのかい?」

 

「いや、私はとうに覚悟を決めてますからいいんですが、真相を何も知らずに船に乗る人たちの人生がこれからどうなるかと思うと…」

 

「そりゃ、おめえさんが心配するのも無理はねえ。おいらだって正しい決断かと聞かれてそうだとは即答できない。いや、そもそも正しい決断ができねえのが今の日本国だ。そうだろう?ただな、賭けてみてえんだよ。今回のサイオト号と仙太郎、おめえさんにな」

 

 

慶応4年5月16日夜。

横浜港に近い宿屋の一室で語り合う師弟の名は勝海舟と嘉納仙太郎。

 

慶応4年は西暦でいうと1868年。

この年の9月8日に明治に改元したから、この夜は日本史的には明治以前ということになるが、前年の徳川慶喜による大政奉還から年明けの王政復古の大号令を受けて政権は徳川幕府から新政府に移動。

日本がまさに明治維新の真っ只中の夜である。

 

先生と呼ばれる勝海舟は言わずと知れた幕末の政治家。

幕藩体制が互解せんとする中、徳川幕府の海軍奉行や陸軍総裁の重職を歴任して数々の難局で手腕を発揮。

この年の3月には江戸城総攻撃を目論む新政府軍の西郷隆盛と歴史的会談を成功させ、世に言う「江戸無血開城」によって150万人の命を救ったばかりの人物である。

 

一方の嘉納仙太郎は大坂に近い西宮にある樽廻船問屋の次男坊として生まれた20歳の若者。

1863(文久3)年に幕府が神戸村に設置した海軍操練所を任された勝海舟が近くに開いた私塾「海軍塾」に15歳で入門した。

 

・・・・・・・・・・・・

『出港前夜』の続きを読むには旅行会社やエアラインから入手した4文字のパスワードを入手して進んでください。

PASSWORD?

ここから先はゲストエリアです。
4文字のパスワードを入手して
お進みください。
※小文字で入力してください。
 ゲストパスワードを記入 

KOBE JAPAN

© 2018 by BUZZPORT Co., Ltd.